M3、C63AMG、IS F

ここ半年くらいいろんなクルマに乗り、クルマに対する価値観、金銭的価値観がやや麻痺して
きたのでそろそろこの辺で一服・・・・
一度整理してみようかと。。。
とりあえずは高嶺の花たち、高性能セダン(M3のクーペ含む)のこのお三方。
この子達は、普通のサラリーマンである私にとっては、いうならば白金在住のお嬢様達。
はたまた、街で見かけると”あっ!!”って思うと言う意味では有名芸能人。
叶わぬ恋と思えば思うほどまた夢中になってしまうのは神のいたずらか・・・。
やっぱり普通のクルマとは違う”何か”が確実にそれぞれに存在し、庶民である私を魅了し
続けているのです。
とりあえずこのお三方を私の好み順に比較してみようと思います。
まずは1番欲しいM3!
f0095799_21393833.jpg

f0095799_053030.jpg

【 M3 】
全長×全幅×全高=4615mm×1804mm×1418mm、ホイールベース=2761mm、
車重=1655kg、駆動方式=FR、エンジン=4.0リッターV8DOHC
[309kW(420hp)/8300rpm、400Nm(40.8kg-m)/3900rpm]、トランスミッション=
6速MT、7速M DCT 価格=973~1050万円

う~ん・・・しびれるお値段です。
そもそもこのクルマを欲しくなったきっかけはクーペではなく、セダンに乗ったこと。
しかも運転席ではなく助手席で・・・
2日間連続首都高をグルグル周ったのですが、なんともいろんな意味で気持ちよかった。
エンジン音の官能さ、またその音の変化に応じて感じるGが心地よく、さらにコーナーに入った
際の安定感といったら逸品!
これがFR&NAエンジンの気持ち良さなのか!って思い知らされました。
さすがこの手のカテゴリーのベンチマーク的存在なだけはあります。
見た目は写真で見るとこの3車中一番地味に見えてしまうのですが、実物はかなり妖艶。
張り出しの強いフロント&リアのオーバーフェンダーはかなり色っぽいですし、V8エンジンを
収納する為に膨らんだボンネットは迫力満点。
なんとか・・・なんとか買えないものかと毎日のように考えていますが妙案出ず・・・
ここに種まきしようと思えるディーラーも見つからず、途方に暮れる日々を送っております。

次はC63AMG
f0095799_2244659.jpg

f0095799_055595.jpg

【 C63 AMG 】
全長×全幅×全高=4726mm×1795mm×1438mm、ホイールベース=2765mm、
駆動方式=FR、エンジン=6.3リッターV型3気筒DOHC
[336kW(457ps)/6800rpm、600Nm(61.2kg-m)/5000rpm]、
トランスミッション=7速AT、価格1020万円

これも同様、しびれるお値段。
このクルマは3車中一番のじゃじゃ馬。
とにかくエンジンかけた瞬間からガォン!ガルルルルルルルルル!!!
って威圧感120%なあっちの世界のクルマ。
走りもスパルタンで、かなり足元引き締まってます。
走りは速いの一言。
見た目は怖いの一言。
なんだかクレーム言ってるようですが、この潔さがこのクルマの最大の魅力。
迫力、パワー、スピード、どれをとってもこの3社中1番じゃないでしょうか。
ただここにきて時代が大きく変貌し、今時6.2リッターはギャル曽根じゃねーんだから・・・
なんて思ってしまうのも事実。自動車税も半端ないでしょうし、燃費、排気量を考えると
このクルマは欲しいけど、買わないクルマになってしまいいます。
ある意味今後のAMGの方向性に注目って感じでしょうか。

最後にIS F
f0095799_22181987.jpg

f0095799_074787.jpg

【 IS F 】
全長×全幅×全高=4660mm×1815mm×1415mm、ホイールベース=2730mm、
車重=1690kg、駆動方式=FR、エンジン=5.0リッターV8DOHC
[311kW(423ps)/6600rpm、505Nm(51.5kg-m)/5200rpm]、
トランスミッション=8速AT、車両本体価格=766万円

なんだか上記ドイツ車2車に比べるとほっとするお値段。
(ホントはRS4を加えたいのですが、販売終了?の為、代役です)
ただローン試算してみるとやっぱり辛い価格帯のクルマであることは事実。
このクルマの最大の魅力はスペックに対する値段と”音”でしょうか。
言った側から辛いを魅力と書き換えてますが、このスペックならバーゲン価格かも。
乗り味は3車中、最も扱いやすいです。
普通に乗る分には女性でも楽勝。
取り回しもよく、一番運転が上手くなった様に感じます。さすがレクサス、さすがトヨタ!
本気になれば4000回転からは”音”が激変して、官能的な”音”が車内に響きます。
中には過剰演出・・・何ていう方もいますが、私は物凄くイイと思います♪
×な点はインテリアと、やっぱりトヨタの影が見え隠れするのがどうにもこうにも・・・
輸入車好きの日本人ならでは発想でしょうが、私と同じような人も多いのではないでしょうか。
ただ、輸入車を持ちつつの2台目となるとこれが激変、かなり欲しいクルマになるはず。
そういうことができる人がうらやましいです。


【結論】
さて、かなり主観的なことを書きまくり、途中で疲れてしまった為、誤字脱字があるかもしれませ
んがそれは後で密かに修正しようと思います。
肝心のこのお三方ですがどれも乗った日の夜はエンジン音が耳に残り、心に残ったクルマでした。
最初にも書きましたが、普通のクルマとは明らかに違う”何か”をそれぞれ持っていて
その中には文字には明確には残せない感覚的な要素も多く、文才がないので伝えられないの
が残念です。
高嶺の花ばかりですが、せっかく毎日ストレスをかかえながら頑張って働いているのですから、
せめてこのレベルのクルマまでは何とか手を伸ばしてみたい・・・・。
そんなことをここ数ヶ月考えてみましたが今日、その結論が出ました。
やっぱり買う場合はどうにもこうにもバツイチ、いや中古です。
・・・・微妙な結論
[PR]
by hiroki66 | 2008-10-19 22:53 | いろんなクルマ
<< 本物より本物らしく TTS試乗 そして思わぬ・・・ >>